入れ歯・ブリッジ

入れ歯のこんなお悩みございませんか?

入れ歯のこんなお悩みございませんか?痛みなどの不具合のほとんどは、「入れ歯が合っていない」ために起こるものです。しかし実際には長く使う中で少しずつ合わなくなるので、不具合に気づかないケースも見られます。
以下のようなことが気になるときには、ぜひ一度、おとのは歯科にご相談ください。

  • 痛みがある
  • ズレる、ガタつく
  • 喋りづらい
  • 噛みづらい
  • 口臭が気になる

合わない入れ歯をそのまま使っていると

合わない入れ歯をそのまま使っていると入れ歯と密着して支える面積が小さくなり、一部の歯・歯ぐきに負担が偏ります。また、汚れも溜まりやすくなります。
日常生活におけるストレスに加え、お口の健康にも悪影響を及ぼすことになります。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

材料

保険の入れ歯は、歯科用プラスチックのみを使用して作ります。自費の入れ歯はシリコーンやセラミックなど、高い生体親和性・機能性を持った材料を選択して使用できます。

時間

自費の入れ歯は、作製のための時間を十分に確保することができます。そのため、審美性・機能性を追求することができます。

テクニック

保険の入れ歯は、工程にも制限があるため、技工士が持つ最先端のテクニックを活かすことができません。そのテクニックを存分に発揮できるのが、自費の入れ歯です。

当院の入れ歯の種類

保険の義歯

部分入れ歯

部分入れ歯部分的に歯を失ったときに使用します。安定のため、金属のバネがつきます。

総入れ歯

総入れ歯上または下の歯を全て失ったときに使用します。歯も歯ぐきも、すべて歯科用プラスチックでできています。

ノンクラスプデンチャー(部分入れ歯のみ適応)

ノンクラスプデンチャー(部分入れ歯のみ適応)金属のバネではなく、歯ぐき部分で覆うようにして安定する入れ歯です。見た目も良く、審美性の高い部分入れ歯として人気があります。

金属床

金属床入れ歯の床の部分に金属を使用した入れ歯です。
金属の種類は、コバルトクロムとチタンからお選びいただけます。

コバルトクロム金属床

食べ物の熱がしっかりと伝わり、おいしいお食事が楽しめます。
汚れが付着しにくく、虫歯や歯周病、口臭の予防にもなります。

チタン金属床

高い強度を誇りながら、薄く作ることができます。
生体親和性に優れるチタンを使用しますので、金属アレルギーの方も安心です。

ブリッジについて

ブリッジについて両隣の歯を削り、その歯を含んだ連結した人工歯列をかぶせます。 入れ歯と違い、固定式です。

入れ歯・ブリッジのメリット・デメリット

ブリッジ

メリット
  • 保険診療の入れ歯より、保険診療のブリッジの方が強く噛める
  • 歯ぐきが健康であれば、高い審美性を再現できる
デメリット
  • 両隣の健康な歯を削る
  • 歯ぐきとの境目に汚れが溜まりやすいため、丁寧なケアが必要
  • 装着後も両隣の歯に負担をかける

入れ歯

メリット
  • 健康な歯を削る必要がない
  • 取り外し式であるため、清掃しやすい
  • 多くの歯を失った場合も適応となる
デメリット
  • 保険診療の入れ歯の場合、ブリッジやインプラントほど強く噛めない
  • 保険診療の部分入れ歯の場合、両隣の歯に負担をかける

費用について

費用について※税抜き価格にて表示しています

ブリッジ

※1歯当たりの税抜き価格を表示しています

オールセラミッククラウン ¥100,000
フルジルコニアクラウン ¥60,000
ジルコニアクラウンフェイシング ¥100,000
ゴールドクラウン ¥70,000~

義歯

ノンクラスプデンチャー ¥100,000~
金属床 コバルトクロム床 ¥180,000
チタン床 ¥250,000
一番上に戻る
TEL.072-246-6480TEL.072-246-648024時間WEB予約24時間WEB予約求人情報求人情報
診療時間表
10:00-13:00
14:30-20:00

【休診日】火・祝 ▲…14:00-18:00

駅徒歩3分 土日診療

〒591-8021
大阪府堺市北区新金岡町5丁1番1号フレスポしんかな3F

ご予約・お問い合わせご予約・お問い合わせTEL072-246-6480

24時間WEB予約