部分矯正

部分矯正とは

部分矯正とは主に前歯の数本を部分的に動かす方法の総称です。
堺市のおとのは歯科では、一般的なワイヤーとブラケットを使った矯正装置の他、マウスピース型矯正装置、裏側矯正装置でも部分矯正を行っております。
前歯は奥歯と比べて歯の根の形態が単純であるため、短期間で動かすことができます。またその分、費用も抑えられます。

こんな方におすすめ

部分矯正はこんな方におすすめ
  • 前歯を部分的に矯正したい
  • 色んな矯正装置を比較して部分矯正を考えたい
  • 短期間で、費用を抑えて矯正したい
  • ブライダル、就活、婚活に向けて前歯をきれいにしたい
  • 少しの歯並びの乱れを何となく放置してしまった
  • 痛みの少ない矯正治療を受けたい
  • 他院の矯正相談を利用したが、来年の記念日に間に合わないと言われた

当院の部分矯正

マウスピース型矯正装置(インビザライン)を導入しています

マウスピース型矯正装置(インビザライン)を導入しています薄く透明なマウスピース(インビザライン)による部分矯正です。
部分矯正の中でも、もっとも目立たない装置と言えます。

そのほかの矯正方法

ブラケット矯正

ブラケット矯正全顎矯正でもよく見られる、ブラケットとワイヤーを用いた矯正方法です。全顎矯正と比べると、装置も小型で目立ちにくくなります。

裏側(リンガル)矯正

裏側(リンガル)矯正歯の裏側にブラケットとワイヤーを取り付けるタイプの矯正方法です。正面からは装置が見えません。歯科医には高い技術が求められます。

インプラントアンカーによる矯正

太さ1~2mmほどの矯正用の小型インプラントを顎の骨に埋め込み、そこにワイヤーをかけて歯を動かします。通常は補助的に使用され、より立体的な歯の移動を可能にします。

部分矯正のメリット・デメリット

部分矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 治療期間が短い(3~12ヶ月)
  • 費用を抑えられる
  • 痛みが抑えられる
  • 目立ちにくい
  • セルフケアがしやすい
  • 基本的に抜歯が不要

デメリット

  • 大きな歯並びの乱れ、咬み合わせの乱れがある場合には適応外に
  • 全顎矯正と比べると、総合的な仕上がりという点で劣る
  • 歯を削ってスペースを確保した場合に知覚過敏が起こることがある

治療期間について

治療期間について部分矯正の主な適応となる前歯は、根っこの形が奥歯より単純で動かしやすいため、3~12ヶ月で治療を終えることができます。
1~3年を要する全顎矯正と比べて、治療期間を大幅に短縮できます。

ブライダル・就活に合わせて部分矯正

ブライダル矯正について

一生の大切な思い出となる結婚式を、きれいな口元と、とびっきりの笑顔で迎えるため、部分矯正を考えてみませんか?
式当日まで数カ月しかないという方も、まずは一度ご相談ください。奥様だけでなく、旦那様とのカップルでのご相談も歓迎いたします。

就活矯正について

就活矯正について歯並びをきれいにすると、自信を持って笑顔を作れます。
世界的にも、きれいな歯並びは一種のステータスとして認知されています。
就職活動後も、メインテナンスで後戻りを予防しながら、健康なお口を維持しましょう。

よくあるご質問

よくあるご質問

小さいとはいえ、やはりブラケットとワイヤーを使った装置には抵抗があります。

堺市のおとのは歯科では、透明なマウスピース(インビザライン)を使った部分矯正にも対応しております。また、ブラケットとワイヤーは使用するものの、歯の裏側に装置を取り付ける舌側矯正も可能です。
部分矯正の中でもいくつかの装置から選択していただけますので、まずは一度ご相談ください。

セラミックのかぶせ物を取り付けた歯も、部分矯正の対象になりますか?

かぶせ物ごと、しっかりと動かすことができます。ただし、部分矯正の適応となるかどうかはお口を拝見しなければ分かりません。お気軽にご相談ください。

矯正治療中、どれくらいの頻度で通院が必要ですか?

マウスピース(インビザライン)による部分矯正の場合で1~2カ月に1回、それ以外の装置の場合で1カ月に1回程度の通院ペースを目安にしてください。

部分矯正の治療期間はどれくらいですか?

症例によって、3~12ヶ月とさまざまです。歯並びの乱れが軽度であるほど、治療期間も短くなります。

後戻りが心配です

どのような矯正方法でも、後戻りのリスクはあります。しかし、矯正装置を外したあとの保定期間にリテーナー(後戻り防止用の装置)を正しく使用できれば、ほとんど心配はいりません。その後も、定期的にメインテナンスを受け、後戻りの気配がないかを確認していく必要があります。
どうしても後戻りが心配という場合には、セラミック矯正という方法もあります。

部分矯正に健康保険は適用されますか?

原則として、全顎矯正・部分矯正のいずれも健康保険の適用外です。ただ、医療費控除制度を利用することで、支払った税金の一部還付が受けられます。
1年間に家族が支払った医療費の合計が10万円を超える場合に利用できる制度であり、矯正治療にかかった費用はここでの「医療費」として計算できます。

費用について

部分矯正の費用について※税抜き価格にて表示しています

相談料 ¥0
検査・診断料 ¥35,000
ワイヤー矯正 ¥650,000
マウスピース矯正 ¥700,000
裏側(リンガル)矯正 ¥950,000
部分矯正 ¥150,000
インプラントアンカー(1本) ¥30,000
処置費用(調整料) ¥3,000~¥5,000
一番上に戻る
TEL.072-246-6480TEL.072-246-648024時間WEB予約24時間WEB予約求人情報求人情報
診療時間表
10:00-13:00
14:30-20:00

【休診日】火・祝 ▲…14:00-18:00

駅徒歩3分 土日診療

〒591-8021
大阪府堺市北区新金岡町5丁1番1号フレスポしんかな3F

ご予約・お問い合わせご予約・お問い合わせTEL072-246-6480

24時間WEB予約