インビザライン(マウスピース矯正)

当院のマウスピース矯正について

堺市でインビザライン(マウスピース矯正)が安いおとのは歯科金属の装置ではなく、薄く透明で軽いマウスピース型の装置を使う矯正方法です。
型取りから得られるデータをもとに最良の歯の動かし方をシミュレーションし、シミュレーションに沿って数十個の装置を作製します。
その装置を交換することで、効率的に、痛み少なく歯を動かしていきます。堺のおとのは歯科では、これまで世界中で800万人に選ばれ確かな実績をあげている「インビザライン」を採用しております。

マウスピース矯正のメリット・デメリット

インビザライン(マウスピース矯正)のメリット・デメリット

メリット

  • 透明で薄いため、ほとんど目立たない
  • 食事とブラッシングの際には取り外すため、ストレスが少ない
  • 効率よく歯を動かすため、痛みが抑えられる
  • 金属アレルギーのリスクがない

デメリット

  • 1日20時間以上の装着が必須
  • すべての症例に適応となるわけではない

こんな方におすすめ

こんな方におすすめ

  • 目立たない装置で矯正治療をしたい
  • ストレスなく食事、歯磨きがしたい
  • ブラケットとワイヤーを使った装置に抵抗がある
  • 金属アレルギーが心配

当院は矯正相談無料です

当院は矯正相談無料です矯正治療は原則自費診療となり、費用が高額です。また、年単位で通院が必要な治療です。
患者様にお気軽にご相談いただき、堺のおとのは歯科の矯正治療を十分にご理解いただくことが重要と考えますので、初回の相談を無料とさせていただきます。
無料相談では、装置の説明や患者様のお悩みのヒアリングを行います。

マウスピース矯正の流れ

検査・型取り

セファロによる画像検査、型取りを行い、マウスピースの作製のために必要な情報・データを揃えます。

  • 矯正治療の前にセファロで情報を揃えます1

    正面のセファロ

  • 矯正治療の前にセファロで情報を揃えます2

    横を向いたときのセファロ

治療計画の立案・マウスピースの作製

治療計画の立案・マウスピースの作作製治療計画を立案し、費用を含めてご同意いただけましたら、マウスピースの作製に入ります。

マウスピースの装着・調整

マウスピースの装着・調整完成したマウスピースを装着し、矯正治療の開始です。1~3カ月に1度程度ご来院いただき、歯の動き具合、お口の健康状態をチェックします。また、必要に応じてマウスピースの調整を行います。
マウスピースは、1週間に1度、交換していきます。

治療完了後は保定期間へ移行

治療完了後は保定期間へ移行歯が適切な位置に移動すれば、治療は終了です。その後も、保定装置(リテーナー)を装着していただき、歯の安定を促します。保定装置にはいくつか種類がございます。マウスピース型の目立たないものもございますので、ご安心ください。
保定装置は1~3年使用します。その間、2~6カ月に一度のペースでご来院いただき、歯並びの状態、咬み合わせのチェックを行います。

マウスピース矯正の症例

  • 治療前
  • 治療後
インビザライン(マウスピース矯正)症例1 インビザライン(マウスピース矯正)症例2
インビザライン(マウスピース矯正)症例3 インビザライン(マウスピース矯正)症例4
インビザライン(マウスピース矯正)症例5 インビザライン(マウスピース矯正)症例6
  • 治療内容 インビザラインを使用した矯正治療
    費用 ¥750,000(税別)
    治療期間 約2年
    副作用(リスク) マウスピースと歯のすき間に着色物や糖類、酸が長時間停滞すると虫歯になりやすくなります。
  • 2~3カ月に一度、処置費用が4,000円(税別)がかかります。

よくあるご質問

よくあるご質問

インビザライン(マウスピース矯正)だと、ワイヤー矯正より歯が動かないのではないでしょうか?

適応範囲の広さは、技術と材料の進歩によりワイヤー矯正と比べても劣るということがなくなりました。現在ではほとんどの症例に適応可能です。

ワイヤー矯正とインビザライン(マウスピース矯正)迷っています。

それぞれに長所・短所があります。どちらも適応なのであれば、患者様の「譲れないポイント」で選んでみてはいかがでしょうか。無料相談を実施しておりますので、お気軽にご予約ください。

インビザライン(マウスピース矯正)の装置は、どれくらい目立たないのでしょうか?

文字での説明は難しいのですが、専門外の方であれば、「じっと見つめてやっと分かる」程度でしょうか。症例写真もございますので、ぜひ一度ご相談いただければと思います。

子供でもインビザライン(マウスピース矯正)正はできますか?

はい。10代の方向けのインビザライン(マウスピース矯正)もございます。

マウスピースをしたまま食べていいものはありますか?

装着したまま口にできるのは、水、お茶、ブラックコーヒーなど砂糖類の入っていない飲料は可能です。そう言われると面倒なようにきこえるかもしれませんが、装置なしで食事ができるということは、食べ物が装置に挟まる心配がありませんので、大変ご好評いただいております。

インビザライン(マウスピース矯正)で使用する「アタッチメント」とはどんなものですか?

歯に取り付ける白い突起物です。マウスピースの力をしっかりと歯に伝えるためのものです。なお、治療終了時にアタッチメントを外すとき、歯が傷つくようなことはありません。ご安心ください。

マウスピースのお手入れ方法を教えてください。

取り外して水がぬるま湯で洗うのみです。1週間ごとに交換するため、清潔を保てます。

矯正治療についての知識がまったくないのですが、相談してもいいですか?

はい、もちろんです。どんなことでもお尋ねください。無料相談を実施しておりますので、ご利用いただければと思います。

費用について

相談料 ¥0
検査・診断料 ¥35,000
マウスピース矯正 ¥700,000
一番上に戻る
TEL.072-246-6480TEL.072-246-648024時間WEB予約24時間WEB予約求人情報求人情報
診療時間表
10:00-13:00
14:30-20:00

【休診日】火・祝 ▲…14:00-18:00

駅徒歩3分 土日診療

〒591-8021
大阪府堺市北区新金岡町5丁1番1号フレスポしんかな3F

ご予約・お問い合わせご予約・お問い合わせTEL072-246-6480

24時間WEB予約