口腔外科

親知らずの抜歯や顎関節症治療、歯の外傷などを取り扱うのが口腔外科です。
より高度な治療が必要な場合には、口腔外科専門医をご紹介いたします。

親知らず

親知らず私たち人類の顎が小さくなってきたこともあり、親知らずを抜歯した方が良いケースが増えています。
歯科用CTによる適切な診断、工夫を凝らした麻酔法、歯科用レーザーの活用で、ご負担の少ない抜歯を行っております。

顎関節症

顎関節症とは

顎関節症とは顎関節の痛みで口を開けられない、異音がするなどの症状を抱えている状態です。悪化すると、「喋る」「食べる」ことに支障をきたします。

こんな症状はございませんか?
  • 口を開くと顎関節まわりに痛みがある
  • 顎関節を動かしたときにカクカクと異音がする
  • 痛くて口が大きく開けない
  • 顔面、顎関節まわりの筋肉痛がある
  • 慢性的な頭痛、肩こり
  • 歯ぎしりがある、起床時に顎が疲れている

顎関節症の原因

顎関節症の原因

  • 顔面の打撲、外傷
  • 顎の使い過ぎ
  • 食いしばり、歯ぎしりの癖
  • ストレス
  • 咬み合わせの乱れ など

顎関節症の治療法

スプリント療法(ナイトガード)

スプリント療法(ナイトガード)口を開閉するときに動くのは下顎です。就寝時にこの下顎の位置の安定化を促すナイトガードを使用することで、症状を緩和します。

ご家庭でできる対策

ご家庭でできる対策日常でのふとした動作も、顎関節に負担をかけ、顎関節症の発症・悪化につながることがあります。
以下のような動作に気をつけましょう。

  • 左右どちらかの顎ばかりを使って噛む
  • 横向きやうつ伏せで寝る
  • 頬杖をつく
  • 睡眠中の歯ぎしり、日中の食いしばり

口内炎

口内炎歯科用レーザーを使った、痛みの少ない口内炎治療を行っております

歯科用レーザーによる治療

口内炎に安全なレーザーを照射して表面組織を蒸散させます。照射時に少し痛みがありますが、その後はほぼ消失します。
軟膏などを併用することもあります。

口内炎の原因

口内炎の原因口内炎の原因には、さまざまなものが挙げられます。白っぽくなったり、赤く腫れたり、水ぶくれのようになったりと、その病態も多様です。

一般的に多い「アフタ性口内炎」

ビタミンC・B2・B6の不足、疲労、睡眠不足などを原因とします。

物理的刺激が原因の口内炎の場合

粘膜にできた傷がきっかけになることもあります。

ウイルス性口内炎の場合

単純ヘルペスウイルス、淋菌、クラミジアなどへの感染、カンジダ菌の増殖も口内炎の原因になります。

口内炎の予防

口内炎の予防生活習慣を整えたり、お口の乾燥に気をつけることで、口内炎は予防できます。

生活習慣・食生活の改善

バランスの良い食事、規則正しい生活を意識しましょう。特に、ビタミンC、B2、B6の不足は口内炎の原因になりやすいと言われています。

口呼吸に注意

口内炎の予防にも、お口の中の清潔は重要なポイントです。唾液の分泌を促し、自浄作用を維持しましょう。口呼吸の方は、特にお口が乾燥しやすくなります。

歯の外傷(ケガにより歯が抜けた・グラグラする場合)

歯の外傷(ケガにより歯が抜けた・グラグラする場合)転倒や運動中の衝突などによって起こる歯の外傷。少しでも早く、適切に対応しましょう。

歯が抜けてしまったら

抜けた歯の根に触れないように流水で洗い、生理食塩水・牛乳・水のいずれかに浸けてすぐに歯科医院を受診してください。

主な治療法

歯を元の位置に再植します。

歯がぐらついていたら

揺れに気づいたら、それ以上は触らないようにしてください。

主な治療法

歯を正しい位置・向きに固定し、治癒を待ちます。

歯が折れたり、欠けてしまったら

破折したものを拾い、生理食塩水・牛乳・水のいずれかに浸けてすぐに歯科医院を受診してください。

主な治療法

破折した部分に合成樹脂を詰めます。神経を取ることもあります。

歯ぐきや軟組織(粘膜・舌など)をけがしてしまった場合

清潔なガーゼがあれば、傷口を押さえて止血します。できるだけ早く歯科医院を受診してください。

治療法

縫合、消毒を行います。

よくあるご質問

よくあるご質問

口を開けたときに痛みます。顎関節症なのでしょうか?

顎関節、その近くの筋肉が痛む場合には、顎関節症の可能性が高いと言えます。

運動中にぶつかって歯が抜けましたが、戻せるのでしょうか?

歯の根(歯を元に戻すときに大切な歯根膜があります)に触れないように持ち、流水で洗い、生理食塩水・牛乳・水のいずれかに浸け、すぐに歯科医院を受診してください。乾燥させないことも大切です。

親知らずを抜いた方がいいのかどうか、自分で調べられますか?

その判断は、痛みや虫歯の有無だけでなく、炎症の有無、歯並びへの影響、セルフケアの質などから総合的に考える必要があります。必ず、歯科医院でアドバイスを受けましょう。

何週間も頬の内側粘膜にただれがあります。何でしょうか?

粘膜の病気が疑われます。がんである可能性も、ゼロではありません。何週間も改善しない場合には、歯科医院を受診して歯科医の診断を受けましょう。

一番上に戻る
TEL.072-246-6480TEL.072-246-648024時間WEB予約24時間WEB予約求人情報求人情報
診療時間表
10:00-13:00
14:30-20:00

【休診日】火・祝 ▲…14:00-18:00

駅徒歩3分 土日診療

〒591-8021
大阪府堺市北区新金岡町5丁1番1号フレスポしんかな3F

ご予約・お問い合わせご予約・お問い合わせTEL072-246-6480

24時間WEB予約